スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< あんこの行方 | main | インセプション >>

容疑者Xの献身

 かなり乗り遅れてますやっと読みました。

話題になった意味がわかりました。
直木賞も映画化ももっともだ。

日本から送ってもらう本は、基本大事にゆっくり読むようにしているのですが
この本は一晩で終わってしまった。ちょっと残念。

寝よう寝ようと思ってたのに、
どこで切ったらいいのかわからないまま朝になっていた。

最近、江戸時代の話ばかり読んでいたので
「それがし」だの「手代」だの、今の時代に使わない言葉に慣れてしまって
逆に現代小説を読んで違和感を感じたりしないか心配だったww

まあ、そんな心配は東野圭吾さんの小説に無用なわけなんですけど。

単純にぐぐっと入ってしまうんですね、この人の話は。
ところどころ難しい話(ガリレオシリーズは物理学者がでてくるので)が出てくるのも
いい刺激になってついつい読み進んでしまい、寝不足になってしまうことが多い。

ミステリー的謎解きも楽しいけれど、
それと平行して描かれる、登場人物の一人ひとりの心情の動きがなんともいえない。

ドラマや映画など、「映像向き」の小説の中には
たまに原作を読んで残念な気持ちになるものもある。


この話の中に出てくる”丸顔に細い目”の「主人公」ともいえる男の人が
映画では堤真一さんが演じてるらしいが
それが意外にいい!というレビューも多かった。

そういう原作と映像の意外性も楽しめる貴重な作家さんだな~と思う。




にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へblogram投票ボタン
| アニメ・漫画・小説とか | 10:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 10:52 | - | - | - | - |
Comment
>himmelさん

読みましたね〜。あの時に読み癖がついたんですよ、きっと。私それまで小説あんまり読んだことなかったのに・・・あの本屋さんの利用率めっさ高かった!
その本、遊びに来るときに持ってきてくれたらいいですよww
2010/08/11 10:45 AM, from broccoli
東野さんは、メヂアにいた時に回ってきて読んだ気がする。あのころはいろいろ読んだなよね。
最近は「悪人」読んだよ。これも映画になった。もう公開するらしい。機会があったらぜひぜひ。てか、送ろか?
2010/08/10 4:55 PM, from himmel









Trackback
url: http://broccoli-chan.jugem.jp/trackback/188

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
自己紹介
オーストラリアコスメショップ
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Links
                    
クリックで救える命がある
私の本棚
            
HMCA オーラソーマ
今日のボトルのメッセージ
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
                                         
カラメル
                                         
                     ブックオフオンライン

コスメ・コムスタッフ散財記

Oisix(おいしっくす)

アルク

アウトレットモール BRANDELI(ブランデリ)

Mobile
qrcode
                    
Sponsored links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM